新潟医療生協の基本理念|木戸病院をはじめ医療・介護・福祉施設を運営している新潟医療生協です。私達と一緒に医療・介護・福祉の専門家と協同して健康づくりに参画しませんか。

木戸病院をはじめ医療・介護・福祉施設を運営している新潟医療生協です。私達と一緒に医療・介護・福祉の専門家と協同して健康づくりに参画しませんか。木戸病院をはじめ医療・介護・福祉施設を運営している新潟医療生協です。私達と一緒に医療・介護・福祉の専門家と協同して健康づくりに参画しませんか。

新潟医療生活協同組合の紹介組合員になるには組合員になるには組合員活動組合員活動まるごと健康づくりまるごと健康づくり各事業所各事業所

HOME > 新潟医療生活協同組合 - 行動計画

新潟医療生活協同組合 - 行動計画

職員が仕事と子育てを両立させることができ、すべての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

  • (1)計画期間:平成29年4月1日~平成31年3月31日までの2年間
  • (2)内容

目標1:計画期間内に、育児休業の取得を次の水準以上にする

  • 男性職員…計画期間中3人以上かつ毎年度1人以上取得すること
  • 女性職員…取得率を80%以上にすること

対策

平成29年4月~
男性職員も育児休業を取得できることを日報への掲載等を利用して周知を図る。
平成30年4月~
・平成29年度中に育児休業を取得した職員に対して、アンケートにより育休を取得したことで気づいたことや改善点等、単に育児で休むだけではなく、より子育てしやすく取得者全員がスムーズな職場復帰ができるように体験者の生の声を把握する。
・上記アンケートの結果を参考に、より取得し易い育児休業制度となるよう就業規則の改正も含めて検討する。

目標2:所定外労働時間数を前年度の累計時間より削減する。(29年度は28年度に比べて、30年度は29年度の累計時間数に比べて削減)

対策

平成29年4月~
・所定外労働時間の現状(事業所別、部署別)を分析し、業務の洗い出しを行い削減に向けて具体策を検討。
・所定外労働に対する従来の“頑張っている”というプラスのイメージからネガティブなイメージへの転換を学習会を通して形成する。(2年間の計画期間を通した啓発活動)
平成30年4月~
削減の進んでいる部署の好事例を学習会や日報などを通して発表してもらう。また、削減の進まない部署に対する援助や助言を求め、他部署を巻き込みながら皆で知恵を出し合い法人全体の所定外労働の削減をすすめていく。

目標3:仕事と子育ての両立のために役に立つ情報発信に努める

対策

平成29年4月~
仕事と子育てに忙しく情報を得にくい子育て中の職員向けに行政等からのお知らせの要点を行政に代わり定期的に情報発信する。(2年間の計画期間を通した活動)